• カテゴリ お知らせ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

活動状況 - お知らせカテゴリのエントリ

第58回中国四国地区大学図書館研究集会開催要項
                         
1 日時 平成29年10月19日(木)~10月20日(金)
2 主催 中国四国地区大学図書館協議会  共催 山口県大学図書館協議会(予定)
3 運営 第58回中国四国地区大学図書館研究集会運営委員会
     (山口大学図書館、山口県立大学図書館、梅光学院大学図書館)
4 会場 山口大学大学会館2F会議室
5 テーマ 『図書館業務 誰が担う?どう担う?』
 最近の大学図書館においては,大学の財政難等を背景にアウトソーシングが進み,司書から一般職員への切り替えも加速の一途を辿っている。その一方で,教育・研究を支える拠点である大学図書館の職員には専門性を備えることが強く求められる。図書館職員の専門性とは何か,限られた時間で専門知識を習得するためにはどうすればよいのか,業務の効率化を図りつつ,図書館職員のキャリアアップと図書館サービス向上に繋がる途を模索したい。

6 日程
 1日目 10月19日(木)
  13:00-13:20 受付
  13:20-13:30 開会
  13:30-14:00 事例報告①大学図書館からみた外部委託の現状と課題
            大分大学の事例
  14:10-14:40 事例報告②受託者からみた外部委託の現状と課題
            丸善雄松堂株式会社の事例
  14:50-15:50 講演「図書館職員の専門性について」(http://hdl.handle.net/10091/00020020
            講師:森いづみ氏(信州大学附属図書館管理課長)
  16:00-16:30 質疑応答
  16:40-17:45 事例報告(4大学)
           学生やボランティア等の協力を得て図書館運営を行っている事例
  19:00-20:30 情報交換会 

 2日目 10月20日(金)
   9:00-11:00 ワークショップ
    図書館職員の専門性とは何かを考え、どのような方法で専門知識を習得していくか、グループ討議によりアイデアを出し合う。
  11:10-12:20 発表、全体会議
  12:20-12:30 閉会

6.申込等期日  平成29年9月15日(金)
7.申込等送付先  下記宛てに参加申込書、事前アンケートをメールで送付ください
 
  (山口大学図書館)
  情報環境部学術情報課総務係
  Tel:083-933-5170  Fax:083-933-5171
  E-mail:lisoumu[AT]yamaguchi-u.ac.jp
※メールを送る時は[AT]を@へ変換してください。
1. 趣 旨
本セミナーは、中国・四国・九州・沖縄地区大学等の図書館職員として採用された職員が、職員としての第一歩を踏み出すにあたって必要な図書館業務の知識を習得する。また、中国・四国・九州・沖縄地区の公立大学、私立大学の図書館に広く呼びかけ、国公私立の枠を越えて、図書館間連携を必要とする新しい業務展開の基礎としての、若き大学図書館職員の人的ネットワークを形成することを目指す。

2. 対象者
中国・四国・九州・沖縄地区の大学図書館等に、平成26年4月1日以降採用された図書系職員

3. 開催日時
平成29年9月7日(木)~8日(金)

4. 会 場
鳥取大学附属図書館多目的ルーム1
アクセス: http://www.tottori-u.ac.jp/dd.aspx?menuid=1799

5. プログラム
第一日目 9月7日(木)
12:30~13:00 受付
13:00~13:10 開講式
13:10~14:20(70分) 基調講演「大学図書館の現状と課題」
高橋 努(東京大学附属図書館事務部長)
14:20~15:00(40分) 講義1「大学図書館の学修支援」
宮崎 知子(鳥取大学附属図書館学術情報担当主任司書)
15:15~15:50(35分) 講義2 「『夢』を応援する図書館の挑戦」
高橋 真太郎(鳥取県立図書館司書)
15:50~16:20(30分) 講義3「図書館×学生=? ~楽しい学生協働のススメ~」
亀岡 由佳(徳島大学附属図書館図書情報課利用支援係事務員)
16:20~16:35(15分) 前回受講生報告
川村拓郎(広島大学図書館図書学術情報普及グループ員)
16:45~17:15(30分) グループワーク(アイスブレーク)
18:00~19:30 情報交換会

第二日目:9月8日(金)
9:00~ 9:40(40分) 講義4「目録情報と電子リソース:多様な学術情報資源と利用者を
つなぐ」
大園隼彦(岡山大学附属図書館情報管理課基盤グループ 課員)
9:40~10:20(40分) 講義5「学術雑誌・電子ジャーナルの特徴と契約業務等」
青柳 和仁(島根大学附属図書館企画・整備グループスタッフ)
10:30~11:10(40分) 講義6「機関リポジトリ」
川村拓郎(広島大学図書館図書学術情報普及グループ員)
11:10~11:40(30分) グループワーク
11:40~12:50(70分) <昼食>
12:50~13:50(60分) グループワーク
13:50~14:40(50分) グループワーク発表
14:55~15:10 閉講式
※ 閉講式終了後に希望者を対象として中央図書館の見学会を行います

6. 主 催
中国四国地区大学図書館協議会 国立大学図書館協会中国四国地区協会 国立大学図書館協会九州地区協会

7. 経 費
旅費は各大学図書館等の負担とする。情報交換会費(3,500円)は別途徴収する。

8. 定 員 40名(申し込み人数が定員を超えた場合は選考による)

9. 申込み締切り

平成29年8月10日(木)

10. 申込み
http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/?page_id=11350

11. 問い合わせ
広島大学図書館 図書学術情報企画グループ
TEL: 082-424-6202
E-mail: tosho-kikaku-chosei@office.hiroshima-u.ac.jp
第7回大学図書館学生協働交流シンポジウム


1.趣旨
大学図書館における学生協働は,近年,全国でますます活発になっています。これまで活動を行ってきた図書館のみならず,新規に学生協働に取り組む図書館も増えています。しかしながら,活動が長く継続し,内容が幅広くなってきたことにより,活動を続けていくうえでの悩みや,新しく活動を開始するうえでの不安などが生じているのも事実です。
 今回のシンポジウムでは,「悩みや不安の共有」「解決策の構築」に焦点を当て,学生協働の経験館・未経験館を問わず話し合い,今後の学生協働をより良くしていく方策を探ります。

2.開催日
平成29年9月5日(火)~9月6日(水) 

3.会場
 愛媛大学 城北キャンパス メディアホール(総合情報メディアセンター1階)ほか
(愛媛県松山市文京町3)
    
4.プログラム
1日目
(1)9:00-   受付             
(2)10:00-  開会・挨拶           
(3)10:30-  オリエンテーション    
(4)12:00-  ランチミーティング(交流会)    
(5)13:50-  ワークショップ    
(6)16:15- 図書館見学(愛媛大学図書館)    
2日目
(1) 9:00- 開場    
(2) 9:30- ポスターセッション    
(3)11:30- 閉会    
(4)11:45- 図書館見学(松山大学図書館)    
   
5.募集人員
  全国の大学図書館等の学生協働に関わっている学生及び教職員(150名程度)

6.参加申込方法
参加希望の方は,下記URLで参加申込書を入手の上,メール添付で送付先にお送りください。

第7回学生協働交流シンポジウム特設ページ
http://www.lib.ehime-u.ac.jp/sympo2017/index.html

送付先 libref@stu.ehime-u.ac.jp
愛媛大学図書館 調査企画チーム (TEL 089-927-8849)

7.ワークショップ,ポスターセッション,図書館見学について
A. ワークショップ
学生・職員ごとに, 「悩み」別の班に分かれて話し合います。「悩み」については参加申込書に例を出していますので,申込時に選択してください。
B. ポスターセッション
次の3つのテーマを用意します。テーマを選んでお申し込みください。

テーマ1:教えて!みんなの図書館と団体「わたしたちは○○です!」

テーマ2:理想の図書館に向けた宣言「理想の図書館のために○○○します!」

テーマ3:振り返ろう,シンポジウム。「楽しかった!」のその先へ
C. 図書館見学
1日目に愛媛大学図書館,2日目に松山大学図書館の見学を行います。自由見学ではなく案内ツアーを希望される方は,申込時に希望をお知らせください。

※各プログラムの会場は当日ご案内します。また,ポスターセッションへの申込方法及び
詳細については,以下URLをご確認ください。
http://www.lib.ehime-u.ac.jp/sympo2017/
1. 日時  平成28年10月13日(木)~14日(金)
2. 主催  中国四国地区大学図書館協議会
3. 運営  第57回中国四国地区大学図書館研究集会運営委員会(島根大学附属図書館,島根県立大学メディアセンター,比治山大学図書館)
4. 会場  松江テルサ(大会議室)http://www.sanbg.com/terrsa/
5. テーマ
 『大学図書館における学内連携を考える:もっと前に! もっと広く! もっと柔軟に!』

 各大学図書館においては,大学の目標や利用者ニーズの多様化に対応すべく様々な取り組みやサービスを行う一方で、図書館資料費等の削減や人員削減が進む中、各館ごとに様々な工夫により対応を行っている。サービスの多様化に対応する一つの方策として、学内の様々なリソースの活用が挙げられる。即ち、学内の教員や他部署の職員、学生と連携することで、それぞれが持つ知識やスキル、ノウハウを活用し、図書館サービスの向上を図ることが期待される。
 各館が行っている学内連携の事例と課題を共有することにより、新たな視点での図書館サービスの可能性を検討したい。

6. 参加申込・発表者推薦
 添付ファイルにある参加申込書、または発表者推薦書に記入の上、下記申込先にメールでお申し込みください。
 申込先:島根大学附属図書館図書情報課コンテンツ担当(担当:福山)
 Mail : fukuyama[at]lib.shimane-u.ac.jp   ※ [AT]は@に変換してください。


7. 申込期限
 8月31日(水)

8. 日程
10月13日(木)
 13:00-13:20 受付
 13:20-13:30 開会
 13:30-14:30 特別講演 「未定」 美馬 のゆり 氏 (公立はこだて未来大学システム情報科学部教授)
 14:40-16:50 研究発表(6組)
 17:00-18:00 ポスター発表
 18:10-20:00 情報交換会

10月14日(金)
  9:00-11:20 分科会(連携の種類ごとにグループ討議
 11:20-12:20 全体会議
 12:20-12:30 閉会

9. その他
多くの事例を共有するために、ポスター発表の場を設ける。小さな事例でもよいので、各大学の学内連携の取り組みをポスターにまとめて発表していただく

参加申込書
発表者推薦書
目的:目録業務に係わる初心者を対象とし、セルフラーニングを受講するに当たっての事前学習を目的とする。

1. 期日:平成 28 年 8 月29日(月)
 会場:広島大学中央図書館  ライブラリーホール

2.主催:中国四国地区大学図書館協議会、国立大学図書館協会中国四国地区協会
 共催:国立情報学研究所(予定)

3.受講予定者数 20 名

4.講師
 瀧脇 有姫 広島大学図書館 図書学術情報整備グループ (1、5限目)
 藤井 香子 岡山大学附属図書館 学術情報サービス課鹿田分館グループ  (2限目)
 木越 みち 山口大学図書館 情報環境部学術情報課   (3限目)
 飛鷹 麻美 愛媛大学図書館 事務課資料整備チーム (4限目)

5.講習会の目標
1) 目録所在情報サービス参加機関において目録業務を担当する者、及び総合目録データベースを参照して業務を行う者が共通に理解しておくべき、参照ツールの種類と使い方、書誌情報の内容理解と検索方法、所蔵登録の考え方(入力基準)を修得する。
2) 目録情報の基準、コーディングマニュアル、目録所在情報サービスに関する質問書/回答書データベース検索システム等適切なツールを参照しながら、NACSIS-CAT に登録済みの書誌に対して、正しく検索を行い、書誌の同定及び所蔵レコードの内容理解ができるようになる。

6.受講対象者
目録所在情報サービス参加機関において、目録業務または総合目録データベースを参照する業務を担当、もしくは 6 か月以内の担当を予定している者(非常勤職員、派遣職員等を含む)。

7.受講条件
 ・NACSIS-CAT/ILLセルフラーニング教材の科目「目録所在情報サービス(NACSIS-CAT/ILL)とは」(学習時間:約20分間)を事前に学習していること。
 ・パソコンの基本的な操作および文字入力を行うことができること。

8.申込方法
 下記URLの申込フォームからお申し込みください。
     URL : http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/?page_id=11350
 ※申込フォームは7月25日(月)にオープンします。
 ※申込者数が受講予定者数を超えた場合、受講者を選考することがあります。その場合、受講ができない方にのみご連絡をします。

 ○申込先
  広島大学図書館 図書学術情報企画グループ (担当:上田、塚本)
  〒739-8512 東広島市鏡山一丁目2番2号
  TEL:082-424-6202 FAX:082-424-6211
  E-mail: tosho-kikaku-chosei@office.hiroshima-u.ac.jp
 
 ○申込期間
  平成28年7月25日(月)~8月8日(月)

----------------------------------------------
平成 28年度目録システム入門講習会カリキュラム

9:30-9:40 開講式、事務連絡
9:40-10:40 (1限目)
 ・この研修で学ぶこと
 ・書誌情報と所蔵情報
 ・「目録所在サービス」サイト解説
 ・入力基準・・・「目録情報の基準」とは
 ・入力基準・・・「コーディングマニュアル」とは
 ・操作マニュアル
10:50-12:00(2限目)
 ・こんな時は何を見る?

13:10-14:20(3限目)
 ・NACSIS-CAT 検索の目的
 ・NACSIS-CAT 検索の注意点
 ・CiNii Books と NACSIS-CAT 検索方法の違い
 ・検索実習
14:30-15:40(4限目)
 ・書誌同定とは、書誌レコードの見方・見分け方
 ・書誌の新規作成と修正、削除について
15:50-16:50(5限目)
 ・所蔵登録とは、所蔵レコードの見方(VOL のある図書、雑誌中心)
 ・セルフラーニング教材の学習について
16:50-17:00 質疑応答等、閉講式
----------------------------------------------

○受講後
 本研修受講者で NACSIS-CAT への所蔵登録・書誌登録・書誌修正等、目録情報の入力業務 を行う者は、受講後に「NACSIS-CAT/ILL セルフラーニング教材(CAT 編)」図書コースもしくは雑誌コースの学習を行うこととする。


○問い合わせ先
広島大学図書学術情報企画グループ(上田、塚本)
tel.082-424-6202 
email. tosho-kikaku-chosei@office.hiroshima-u.ac.jp
第58回総会が下記のとおり開催されますのでお知らせいたします。
日 時  平成22年4月15日(木)13:00-17:00
場 所  あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)

   日 程  (1) 受 付     13:00~
     (2) 開会・挨拶   13:30~
     (3) 議長選出
     (4) 全体会議     13:40~14:40
     (5) 職務別会議   14:50~16:10
     (6) 全体会議    16:20~17:00
     (7) 情報交換会  17:30~19:00


開催要項
メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

活動状況

問い合わせ
事務局:
広島大学図書館企画調整主担当
tosho-kikaku-chosei@office.hiroshima-u.ac.jp

Deprecated [PHP]: Non-static method MyTextSanitizer::getInstance() should not be called statically, assuming $this from incompatible context in file (trust)/modules/d3blog/include/filter/EntryFilter.class.php line 48 (1)
Deprecated [PHP]: Function ereg() is deprecated in file (trust)/templates_c/simone2.lib.okayama-u.ac.jp-default-Cube^%%DC^DC2^DC256D06%%theme.html.php line 7 (1)