活動状況 - 最新エントリー

下記のとおり、第60回中国四国地区大学図書館研究集会を開催します。ふるってご参加ください。

申込等期日: 令和元年9月6日(金)
申込先: http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/?page_id=11350

問い合わせ先
 広島大学 中央図書館 
 図書学術情報企画グループ  担当:上田、山下
 Tel:082-424-6226  Fax:082-424-6211
 E-mail:tosho-kikaku-jyoho@office.hiroshima-u.ac.jp

-------------
1 日時 令和元年10月17日(木)~10月18日(金)
2 主催 中国四国地区大学図書館協議会
  共催 広島県大学図書館協議会

3 運営 第60回中国四国地区大学図書館研究集会運営委員会
     (広島大学図書館, 尾道市立大学図書館,広島工業大学図書館)

4 会場 広島大学東広島キャンパス 学士会館2階レセプションホール
https://www.hiroshima-u.ac.jp/access/higashihiroshima

5 テーマ 『大学図書館における防災・減災・復旧を考える』
 日本はその自然的条件のため、地震、津波、豪雨、豪雪、洪水、土砂災害などの災害が起きやすく、発生した災害は各地に大きな被害をもたらしている。災害による被害を軽減するには、日頃から防災・減災の意識を高め、事前対策や発生後の対処方法、事後の復旧等について考え、備えておくことが必要である。本研究集会では講演と事例発表、ワークショップを通じて、災害をあらためて身近なリスクとして認識し、その対策や復旧等について考えていきたい。

6 日程
1日目 10月17日(木)
12:30-13:00 受付
13:00-13:10 開会
13:10-14:10 講演 
 『平成28年熊本地震に対する熊本大学附属図書館の対応について』
  濵﨑千雅(熊本大学教育研究支援部図書館課副課長)  
14:10-15:10 講演
 『平成30年7月豪雨災害における広島大学文書館の対応について』
  石田雅春(広島大学75年史編纂室准教授) 
15:10-15:30 休憩
15:30-17:00 事例報告 (30分×3本:質疑応答含む)
17:30-19:30 情報交換会 (学士会館1階レストランLa Bohème)

2日目 10月18日(金)
9:00-12:00 ワークショップ
 『大規模災害時、その時図書館はどう動くか ?ワークショップで考える災害時の対応及び事前準備について』
  鈴木光(一般社団法人減災ラボ代表理事)
12:00-12:10 閉会
12:10-13:00 広島大学中央図書館見学
--------------------
第67回中国四国地区大学図書館協議会総会日程

日時:平成31年4月18日(木)13:30~17:00
当番館:徳島大学附属図書館
会場:あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)[4階 大会議室]
〒770-0835 徳島県徳島市藍場町 2-14

日程
1.受付 13:00~
2.開会 13:30~
3.挨拶 徳島大学長 野池 澄晴
     広島大学図書館長 古澤 修一
4.全体会議[4 階 大会議室]13:50 ~ 14:30
(1)2018年度 事業報告
1)2018年度 総会 資料1(当番館 島根大学)
2)2018年度 研究集会 資料2(当番館 高知大学)
3) 第8回大学図書館学生協働交流シンポジウム 資料3(当番館 広島大学)
(2)協議
1)鳥取看護大学・鳥取短期大学付属図書館別館,高知リハビリテーション専門職大学図書館の加盟について 資料4(幹事館 広島大学)
2)2018年度 決算報告 資料5(幹事館 広島大学)
3)2018年度 監査報告 資料6(監査館 倉敷芸術科学大学)
4)2019年度 事業計画 資料7(幹事館 広島大学)
5)2019年度 予算案 資料8(幹事館 広島大学)
6)役員館・当番館の選出について 資料9(幹事館 広島大学)
7)総会費の増額について 資料10(幹事館 広島大学)
8)「中国四国地区大学図書館協議会加盟についての申し合わせ」の改正について(第2項の削除)資料11(広島修道大学)
(3)その他

————————————— 休憩(15分程度) —————————————

5.職務別会議 14:45 ~ 15:55
(1)国立大学図書館長会議[4階 会議室 5]
1) 当面する諸課題等について(徳島大学提出)
(2)公立大学図書館長会議[4階 会議室 4]
1) 当面する諸課題等について(高知工科大学提出)
(3)私立大学図書館長会議[4階 会議室 2]
1)当面する諸課題等について(徳島文理大学提出)
(4)事務(部・課)長会議[4階 大会議室]
1)図書館業務(運営)におけるこの一年間の新しい取り組み(新たなチャレンジ)事例について(徳島文理大学)
2)大学図書館における対応に苦慮する利用者について(徳島大学提出)


————————————— 休憩(20分程度) —————————————

6.全体会議[3階 大会議室]16:15~16:55
(1)職務別会議報告
1) 国立大学図書館長会議(徳島大学報告)
2) 公立大学図書館長会議(高知工科大学報告)
3) 私立大学図書館長会議(徳島文理大学報告)
4) 事務(部・課)長会議(徳島大学報告)
(2)2020年度当番館挨拶
鳥取大学附属図書館長 松浦 達也
(3)その他
7.閉会 17:00
挨拶 徳島大学附属図書館長 依岡 隆児
1. 趣 旨
本セミナーは、中国・四国・九州・沖縄地区大学等の図書館職員として採用された職員が、職員としての第一歩を踏み出すにあたって必要な図書館業務の知識を修得することを目的とする。また、中国・四国・九州・沖縄地区の公立大学、私立大学の図書館に広く呼びかけ、国公私立の枠を越えて、図書館間連携を必要とする新しい業務展開の基礎としての、若き大学図書館職員の人的ネットワークを形成することを目指す。

2. 対象者
中国・四国・九州・沖縄地区の大学図書館等に、平成28年4月1日以降採用された図書系職員

3. 開催日時
令和元年9月12日(木)~13日(金)

4. 会 場
九州大学附属図書館中央図書館 4階きゅうとコモンズ
アクセス: https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/libraries/central/locations

5. プログラム
第一日目:9月12日(木)
12:30~13:00 受付
13:00~13:10 開講式
13:10~14:10(60分) 基調講演「九州大学新中央図書館と居場所としての大学図書館」
堀 賀貴(九州大学大学院 人間環境学研究院教授)
14:10~14:50(40分) 講義1「利用者サービス課の業務について」
福井 啓介(九州大学附属図書館 利用者サービス課長)
15:05~15:35(30分) 講義2 「九州大学附属図書館における学習・研究支援」
星子 奈美(九州大学附属図書館 学術サポート課学習・研究支援係長)
15:35~16:25(50分)中央図書館見学
16:35~17:10(35分)グループワーク(アイスブレーク+館内自由見学)
18:00~19:30 情報交換会

第二日目:9月13日(金)
9:00~ 9:40(40分)講義3 「収書と整理」
山口 良子(九州大学附属図書館 収書整理課長)
鳥居 愛(九州大学附属図書館 収書整理課図書目録係長)
9:40~10:20(40分)講義4 「『九大コレクション』の整備・運用」
芦北 卓也(九州大学附属図書館 eリソース課リポジトリ係長)
10:30~11:55(85分)グループワーク
11:55~13:00(65分) <昼食>
13:00~13:50(50分) グループワーク
13:50~14:50(60分) グループワーク発表
14:50~15:00(10分) グループワーク振り返り
15:00~15:15 閉講式

6. 主 催
国立大学図書館協会九州地区協会 九州地区大学図書館協議会 国立大学図書館協会中国四国地区協会 中国四国地区大学図書館協議会

7. 参 加 費
無料 旅費は各大学図書館等の負担とする。情報交換会費は別途徴収する。

8. 定 員 40名(申し込み人数が定員を超えた場合は選考による)

9. 申込方法
所属機関を通じて下記Webフォームからお申し込みください。
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/webform/25652

10. 申込締切
令和元年7月12日(金)

11. 問い合わせ先
九州大学附属図書館 図書館企画課企画係
第9回大学図書館学生協働交流シンポジウム

1.趣旨
大学図書館学生協働交流シンポジウムは,大学図書館でさまざまな活動を行っている学生が全国から集まり,他団体と交流を行うことを目的として開催しており,今年で第9回目を数えます。
 このシンポジウムでは、参加者同士の交流により他団体の成功事例の情報を得たり,新しいアイディアを生み出したりすること,またそれらを自団体に持ち帰ることで各自の活動がさらに活性化していくことを目指します。今回は,参加者の「やりたいこと」を明確化し,実施可能な計画に落とし込むまでのプロセスで,ファシリテーション,協働力,問題分析能力,問題解決能力などのスキルを磨きます。

2.開催日
2019年9月5日(火)~9月6日(水) 

3.会場
島根大学 松江キャンパス 教養講義室棟1号館
https://www.shimane-u.ac.jp/access/

4.プログラム
1日目
12:00‐  受付(会場:教養講義室棟1号館1階)
13:00‐  開会挨拶 服部泰直島根大学長
13:10‐  ポスターセッション「活動紹介」
14:30‐  ワールドカフェ「ワクワクする図書館をつくるために、あなたは何をしますか?」
17:30‐  島根大学附属図書館内自由見学
18:00‐  交流会(会場:島根大学生協食堂)2日目

2日目
9:00‐  ワークショップ「“やりたいこと”を形にしよう!」
11:10‐ 休憩
11:25‐  ワークショップの成果発表(ポスターセッション形式)
11:55‐  閉会
12:05‐  昼食・移動
13:00‐ 島根県立大学松江キャンパス図書館見学(希望者のみ)
14:00‐ 図書館見学終了(JR松江駅へバスで移動)
   

5.参加申込
シンポジウムへの参加をご希望の団体は,以下の内容をご確認いただき,必要事項を記入して期限までにメール添付で提出してください。
 なお,開催会場が狭小のため,一団体につき学生,教職員あわせて7名までとさせていただきます。参加申込は1名から可能です。また,今現在学生協働の活動を行っていない機関,団体でもご参加いただけます。
【参加申込にあたって必要な提出書類】
 1 参加申込書(参加を申し込む全団体提出)
 2 事前アンケート(現在,学生協働の活動をしている団体のみ)
 3 団体の雰囲気がわかる活動風景や集合写真,イラスト等(2の事前アンケートを提出する団体のみ)
【募集人員】
90名程度
【申込期限】
2019年7月12日(金)(定員に達した場合,期限前であっても申込を締め切ります)

6.送付先・問い合わせ先
すべての提出物は,以下の宛先へ送付ください。
また,ご不明な点がございましたら,お問い合わせください。
〒690-8504 島根県松江市西川津町1060
島根大学企画部図書情報課情報サービスグループ
E-mail: mikan@lib.shimane-u.ac.jp
以下のURLもご参照ください。
https://www.lib.shimane-u.ac.jp/LAS/#application

6.主催等
主催:中国四国地区大学図書館協議会
(主管:島根大学附属図書館,島根県立大学松江キャンパス図書館)
共催:島根大学教育・学生支援機構 大学教育センター
島根県大学・高等専門学校図書館協議会,山口県大学図書館協議会
全国学生協働サミット実行委員会(図書館総合展運営委員会)
1 日時 平成30年10月18日(木)~10月19日(金)
2 主催 中国四国地区大学図書館協議会  
3 運営 第59回中国四国地区大学図書館研究集会運営委員会
     (高知大学学術情報基盤図書館,高知県立大学図書館,広島経済大学図書館)
4 会場 高知県立大学永国寺キャンパス地域連携棟4階多目的ホール
5 テーマ 『サービスの拡充と業務の効率化』
 今日,大学図書館にはいろいろな役割が求められている。しかしながら一方,予算や人員の削減が進み,
業務委託への圧力も強まっている。その様な中,今の大学図書館として本当に必要なサービスは何か?を
軸に拡張すべきサービス,縮小すべきサービス,また業務の効率的な運営のための業務内容・業務体制の
見直し等について参加館から事例やアイデアを持ち寄って考えていきたい。

6 日程
 1日目 10月18日(木)
13:00-13:20 受付
13:20-13:30 開会
13:30-15:00 基調講演 
 『大学図書館の舵を切るべき方向性
「サービス」の提供か? 支援を通じた「教育」か? 』
井上真琴氏 (同志社大学学生支援機構事務部長)  
15:00-15:10 休憩
15:10-16:20 事例報告 
16:20-16:40 移動
16:40-17:30  オーテピア高知図書館 見学
  今年7月にオープンした全国で初めての高知県立図書館と高知市民図書館本館
の合築による『オーテピア高知図書館』を見学します。          
  会議室にて15分紹介DVD視聴後,自由見学(自由解散)


 2日目 10月19日(金)
9:00-12:20 ワークショップ
     ファシリテーター 俣野秀典(高知大学地域協働学部/大学教育創造センター講師)
12:20-12:30 閉会
 閉会後,永国寺図書館 見学(希望者のみ)
第8回大学図書館学生協働交流シンポジウム 開催記録

○テーマ:「学生と共に成長する図書館 -協働が生み出す新しい魅力-」
○開催日:2018年9月6日(木)~7日(金)
○会場:広島大学 東広島キャンパス

○プログラム
1日目
12:00~ 受付
13:00~13:10 開会
13:10~14:10 基調講演「教職員から学生へ、先輩から後輩へ、図書館ガイダンス」 講師:庄ゆかり准教授(広島文教女子大学)
14:30~15:25 事例発表(発表資料:会場別) K101, K102, K104, K105, K108
15:40~17:10 ポスターセッション「活動報告」 投票結果
17:10~17:15 写真撮影
17:30~19:00 交流会

2日目
9:00~受付
9:00~10:40 ワークショップ「みんなで考えよう! -活動の悩み・企画提案-
10:50~11:40 ワークショップ(全体発表) 発表資料
11:40~11:50 全体まとめ・表彰
12:00~12:45 広島大学中央図書館見学
13:00~14:00 職員意見交換会 ※ 職員のみ

当日の様子
アンケート集計結果

○主催等
主催:中国四国地区大学図書館協議会
共催:広島県大学図書館協議会、山口県大学図書館協議会
後援:島根県大学・高等専門学校図書館協議会、全国学生協働サミット実行委員会

実行委員会:広島大学図書館、広島修道大学図書館、広島工業大学附属図書館
第66回中国四国地区大学図書館協議会総会日程



日 時:平成30(2018)年4 月19 日(木)13:30 〜 17:00
当番館:島根大学附属図書館
会 場:島根県民会館 [3 階 大会議室]
〒690-0887 島根県松江市殿町158

日 程
1.受 付 13:00 〜
2.開 会 13:30〜
3.挨 拶 島根大学長 服部 泰直

広島大学図書館長 寺本 康俊
4.全体会議[3 階 大会議室] 13:50 ~ 14:30
(1) 平成29 年度 事業報告
1) 平成29 年度 総会 資料1 (当番館 愛媛大学)
2)平成29 年度 研究集会 資料2 (当番館 山口大学)
3) 第7 回大学図書館学生協働交流シンポジウム 資料3 (当番館 愛媛大学)
(2) 協議
1) 平成29 年度 決算報告 資料4 (幹事館 広島大学)
2) 平成29 年度 監査報告 資料5 (監査館 山口県立大学)
3) 平成30 年度 事業計画 資料6 (幹事館 広島大学)
4) 平成 30 年度 予算案 資料7 (幹事館 広島大学)
5)幹事館の選出について 資料8 (幹事館 広島大学)
6) 役員館・当番館の選出について 資料9 (幹事館 広島大学)
7)中国四国地区大学図書館協議会ホームページのリニューアルについて
資料10 (幹事館 広島大学)
(3) その他
1)総会の日程について(意見交換) 資料11

————————————— 休 憩(15 分程度)—————————————
5.職務別会議 14:45 ~ 15:55
(1) 国立大学図書館長会議[3 階 305 会議室]
1) 当面する諸課題について (島根大学提出)
2) 各大学における電子ジャーナル等整備の状況と今後の課題等について(広島大学提出)
(2) 公立大学図書館長会議[3 階 304 会議室]
1) 当面する諸課題について (山口県立大学提出)
(3) 私立大学図書館長会議[3 階 306 会議室]
1) 当面する諸課題について (広島修道大学提出)
(4) 事務(部・課)長会議[3 階 大会議室]
1)図書館業務における人材派遣、業務委託、外注について (広島女学院大学提出)
2)大学図書館における読書バリアフリーサービスについて (島根大学提出)

————————————— 休 憩(20 分程度)—————————————
6.全体会議 [3階 大会議室] 16:15 〜 16:55
(1) 職務別会議報告
1) 国立大学図書館長会議 (島根大学報告)
2) 公立大学図書館長会議 (山口県立大学報告)
3) 私立大学図書館長会議 (広島修道大学報告)
4) 事務(部・課)長会議 (徳島大学報告)
(2) 平成31 年度当番館挨拶
徳島大学附属図書館長 吉本 勝彦
(3) その他
7.閉 会 17:00
挨 拶 島根大学附属図書館長 杉江 実郎
シンポジウムにご参加いただき、ありがとうございました。参加者のみなさまが、このシンポジウムで得た経験を各大学に持ち帰って、それぞれの図書館での活動に生かしてもらえたら幸いです。また、準備不足で色々と不手際があり、失礼いたしました。どうぞご容赦ください。

今後の参考にするため、下記のアンケートにご協力ください。締切:9/30
 シンポジウム事後アンケート
-----------------------------------------------------------

中国四国地区大学図書館協議会では、下記のとおり第8回大学図書館学生協働交流シンポジウムを開催いたします。
大学図書館で学生協働を行っている、あるいは学生協働に興味があるみなさまの参加をお待ちしています。

------------------------------------------------------------------------
8/22日現在JR山陽本線が一部不通となっており、交通面でご不便をおかけします。現時点での交通アクセスにつきましては、下記のファイルをご参照ください。
 ・広島大学までの交通アクセス
なお、今後も交通事情が変更となる可能性がありますので、JR西日本広島大学などの広報にご注意ください。(2018.8.23)
------------------------------------------------------------------------
ポスターセッションの発表方法を一部修正しました。修正箇所は取り消し線と赤字で記載しています。(2018.8.9)
------------------------------------------------------------------------
現在、広島大学~広島バスセンター間の高速バス(グリーンフェニックス)や広島空港~西条駅間のリムジンバスが運行を再開しています。最新の広島大学への交通アクセスについては下記のページをご参照ください。
https://www.hiroshima-u.ac.jp/torrentialrain_access
ただ、シンポジウム開催日は大学の休業期のため、臨時バス等のダイヤが変更する可能性が高いです。参加申込をされたみなさまには、8月のお盆明けくらいに、最新の交通状況についてお知らせをする予定です。色々とご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。(2018.7.20)
------------------------------------------------------------------------
この度の豪雨による被害についてご心配をいただき、ありがとうございます。このような状況ではありますが、本シンポジウムは予定通り開催いたします。現状では幹線道路、高速道路、JR在来線などが不通となっていますが、徐々に復旧に向けて動き出しているところです。新幹線は通常通り動いています。今後の交通状況につきましても、改めて連絡をさせていただきます。多くのみなさまのご参加をお待ちしています。(2018.7.10)

------------------------------------------------------------------------
第8回大学図書館学生協働交流シンポジウム
「学生と共に成長する図書館 ―協働が生み出す新しい魅力― 」

シンポジウムポスター(PDFファイル)

開催概要

1.趣旨
 大学図書館は,知の生産基盤として広くサービスを展開し,常に成長することが求められています。協働を通し,学生は主体性,課題発見力,チームワーク力など,様々な力を磨き,教職員は学生の視点を柔軟に受けとめ,それぞれ図書館の在り方を考えましょう。今回のシンポジウムを通して,協働が生み出す成果や,その魅力に気づき,学生・教職員共に大きく成長したいと思います。

2.開催日
 2018年9月6日(木)~9月7日(金)

3.会場
 広島大学 東広島キャンパス 総合科学研究科K棟1階,大学会館1階
 https://www.hiroshima-u.ac.jp/access/higashihiroshima

4.プログラム
 1日目
 12:00‐ 受付(会場:総合科学研究科K棟1階)
 13:00‐13:10 開会
 13:10‐14:10 基調講演「教職員から学生へ,先輩から後輩へ,図書館ガイダンス」 講師:庄 ゆかり准教授(広島文教女子大学)
 14:30‐15:25 事例発表
 15:40‐17:10 ポスターセッション「活動報告」(会場:大学会館1階) 
 17:10‐17:15 写真撮影
 17:30‐19:00 交流会(会場:広島大学生協食堂)

 2日目
  9:00‐ 受付
  9:10‐10:40 ワークショップ「みんなで考えよう!―活動の悩み・企画提案―」(会場:総合科学研究科K棟1階)
 10:50‐11:40 ワークショップ(全体発表)
 11:40‐11:50 全体まとめ・表彰
 11:50‐12:00 閉会
 12:00‐12:45 広島大学中央図書館見学
 13:00‐14:00 職員意見交換会 ※職員のみ

5.募集人員
 全国の大学図書館等の学生協働に関係する学生及び教職員(150名程度)

6.申込方法
参加をご希望の団体は,下記申込書に必要事項をご記入の上,提出先までメール添付にてご提出ください。
また,現在,学生協働をされている団体は,事前アンケートもご回答ください。その際,団体の雰囲気がわかる活動風景や集合写真,イラスト等もあわせて送付ください。回答及び写真等についてはパンフレットへ掲載します。

ぜひ、事例発表とポスター発表もご検討ください。 事例発表とポスター発表の詳細は下記「プログラム詳細および提出物」をご参照ください。

参加申込書: 参加申込書ファイル(Excel)
事前アンケート: 事前アンケートファイル(Excel)
提出先: tosho-kikaku-chosei@office.hiroshima-u.ac.jp

★提出期限★ 2018年7月13日(金)

7.主催等
 主催: 中国四国地区大学図書館協議会
 共催: 広島県大学図書館協議会、山口県大学図書館協議会
 後援: 島根県大学・高等専門学校図書館協議会、全国学生協働サミット実行委員会

 実行委員会: 広島大学図書館、広島修道大学図書館、広島工業大学附属図書館


プログラム詳細および提出物

プログラム詳細および提出物:PDFファイル

-------------------------------------------------------------
【1】事例発表
A~Cの中より1つテーマを選択し,協働に関する発表を行ってください。
参加申込書へ,テーマ,発表者氏名,発表概要(150文字程度)をご記入ください。テーマ及び発表概要はパンフレットへ掲載します。

※ 最大で9組(3会場×3組)の事例発表を行います。応募多数の場合は実行委員会で調整をさせていただきます。

★テーマおよび内容★
A: 学生協働の始まりから継続まで …どのようなきっかけで学生協働が始まったか,活動継続のために意識・工夫していることなど。
B: 学生が行う図書館業務・サービス…図書館業務・サービス(カウンター,書架整理,学習支援,選書等)の説明や,それに取り組んでの気づきや,工夫したこと。
C: 学生が企画 or 実施した図書館イベントなど…企画 or 実施したイベント(ワークショップ,展示,広報誌,オリジナルグッズ・キャラクター作成等)の説明や,企画の仕方,やってみての反響など。

★発表方法★
選択したテーマについて,パワーポイントで発表スライドを作成し,発表(15分)・質疑応答(5分)を行っていただきます。説明や質問対応などをご準備ください。

★提出方法★
以下の要領で事例発表スライドのファイルをメール添付にてご提出ください。
・ファイル形式:パワーポイント(拡張子:.pptx, pptなど)
・ファイル名に,テーマ(英字),大学名を入れてください。(例:A広島大学.pptx)

★提出期限★ 2018年8月24日(金)

-------------------------------------------------------------
【2】ポスターセッション「活動報告」
協働に関する活動についてポスターを作成し,発表をしていただきます。
参加申込書へ,発表者氏名をご記入ください。

★発表方法★
パワーポイント等でポスターを作成し,ポスターセッションの場で,適宜ポスターを見に来てくれた人に対して,それぞれ発表(10分程度)を行っていただきます。説明や質問対応などをご準備ください。ポスター掲示のみの参加も可。

★提出方法★
以下の要領でポスターのファイルをメール添付,郵送または当日印刷物を持参してください。ご提出いただいたポスターは印刷してポスターセッション会場に掲示します。
・出力サイズ:A0タテ1枚  (メール添付の場合は,A4で作成してください。当館でA0へ拡大印刷します。)
・ファイル形式:PDF(拡張子:pdf)
・ファイル名に,大学名を入れてください。(例:広島大学.pdf)

★提出期限★
・メール添付  2018年8月24日(金)
・郵送     2018年8月31日(金)

-------------------------------------------------------------
【3】交流会
1日目に,参加者の親睦を深めるため交流会を行います。ぜひご参加ください。会費の支払いは当日受付でお願いします。

   日時: 2018年9月6日(木) 17:30から1時間30分程度
   会場: 広島大学生協食堂
   会費: 学 生 2,000円程度 / 教職員 3,000円程度

-------------------------------------------------------------
【4】ワークショップ「みんなで考えよう!―活動の悩み・企画提案―」
小グループで,協働に関する活動の不安や悩みの解決方法,新しい企画・イベント等について話し合い提案をしていただきます。話し合い終了後,全体で集まり発表を行います。参加申込書で,話し合いたい内容(企画,悩み)を選択してください。

-------------------------------------------------------------
【5】中央図書館見学
プログラム終了後,中央図書館の案内を行います。参加申込書で希望を選択してください。

-------------------------------------------------------------
【6】意見交換会 [教職員のみ]
次年度のシンポジウム開催について話し合います。また,情報交換の場を設けますので,教職員の方はご参加ください(自由参加)。昼食をとりながらの話し合いを予定しています。参加の方はお弁当代1,000円をご用意ください。

-------------------------------------------------------------
【7】その他
・配布資料について
ポスターセッションの会場で,配布したい資料がございましたら,送付期限までにお送りください。当日持参される場合は,ポスターセッションの会場へ持参ください。

★送付期限★ 2018年8月31日(金)

-------------------------------------------------------------
【8】提出先・お問い合わせ
すべての提出物は,以下の宛先へ送付ください。また,ご不明な点がございましたら,お問い合わせください。

   〒739-8512 東広島市鏡山1-2-2
   広島大学図書学術情報企画グループ(山下・内田) 宛
   TEL: 082-424-6226   FAX: 082-424-6211
   E-mail: tosho-kikaku-chosei@office.hiroshima-u.ac.jp
第58回中国四国地区大学図書館研究集会開催要項
                         
1 日時 平成29年10月19日(木)~10月20日(金)
2 主催 中国四国地区大学図書館協議会  共催 山口県大学図書館協議会(予定)
3 運営 第58回中国四国地区大学図書館研究集会運営委員会
     (山口大学図書館、山口県立大学図書館、梅光学院大学図書館)
4 会場 山口大学大学会館2F会議室
5 テーマ 『図書館業務 誰が担う?どう担う?』
 最近の大学図書館においては,大学の財政難等を背景にアウトソーシングが進み,司書から一般職員への切り替えも加速の一途を辿っている。その一方で,教育・研究を支える拠点である大学図書館の職員には専門性を備えることが強く求められる。図書館職員の専門性とは何か,限られた時間で専門知識を習得するためにはどうすればよいのか,業務の効率化を図りつつ,図書館職員のキャリアアップと図書館サービス向上に繋がる途を模索したい。

6 日程
 1日目 10月19日(木)
  13:00-13:20 受付
  13:20-13:30 開会
  13:30-14:00 事例報告①大学図書館からみた外部委託の現状と課題
            大分大学の事例
  14:10-14:40 事例報告②受託者からみた外部委託の現状と課題
            丸善雄松堂株式会社の事例
  14:50-15:50 講演「図書館職員の専門性について」(http://hdl.handle.net/10091/00020020
            講師:森いづみ氏(信州大学附属図書館管理課長)
  16:00-16:30 質疑応答
  16:40-17:45 事例報告(4大学)
           学生やボランティア等の協力を得て図書館運営を行っている事例
  19:00-20:30 情報交換会 

 2日目 10月20日(金)
   9:00-11:00 ワークショップ
    図書館職員の専門性とは何かを考え、どのような方法で専門知識を習得していくか、グループ討議によりアイデアを出し合う。
  11:10-12:20 発表、全体会議
  12:20-12:30 閉会

講演資料・成果物はこちら→http://www.lib.yamaguchi-u.ac.jp/news/2017/1101.html

6.申込等期日  平成29年9月15日(金)
7.申込等送付先  下記宛てに参加申込書、事前アンケートをメールで送付ください
 
  (山口大学図書館)
  情報環境部学術情報課総務係
  Tel:083-933-5170  Fax:083-933-5171
  E-mail:lisoumu[AT]yamaguchi-u.ac.jp
※メールを送る時は[AT]を@へ変換してください。
1. 趣 旨
本セミナーは、中国・四国・九州・沖縄地区大学等の図書館職員として採用された職員が、職員としての第一歩を踏み出すにあたって必要な図書館業務の知識を習得する。また、中国・四国・九州・沖縄地区の公立大学、私立大学の図書館に広く呼びかけ、国公私立の枠を越えて、図書館間連携を必要とする新しい業務展開の基礎としての、若き大学図書館職員の人的ネットワークを形成することを目指す。

2. 対象者
中国・四国・九州・沖縄地区の大学図書館等に、平成26年4月1日以降採用された図書系職員

3. 開催日時
平成29年9月7日(木)~8日(金)

4. 会 場
鳥取大学附属図書館多目的ルーム1
アクセス: http://www.tottori-u.ac.jp/dd.aspx?menuid=1799

5. プログラム
第一日目 9月7日(木)
12:30~13:00 受付
13:00~13:10 開講式
13:10~14:20(70分) 基調講演「大学図書館の現状と課題」
高橋 努(東京大学附属図書館事務部長)
14:20~15:00(40分) 講義1「大学図書館の学修支援」
宮崎 知子(鳥取大学附属図書館学術情報担当主任司書)
15:15~15:50(35分) 講義2 「『夢』を応援する図書館の挑戦」
高橋 真太郎(鳥取県立図書館司書)
15:50~16:20(30分) 講義3「図書館×学生=? ~楽しい学生協働のススメ~」
亀岡 由佳(徳島大学附属図書館図書情報課利用支援係事務員)
16:20~16:35(15分) 前回受講生報告
川村拓郎(広島大学図書館図書学術情報普及グループ員)
16:45~17:15(30分) グループワーク(アイスブレーク)
18:00~19:30 情報交換会

第二日目:9月8日(金)
9:00~ 9:40(40分) 講義4「目録情報と電子リソース:多様な学術情報資源と利用者を
つなぐ」
大園隼彦(岡山大学附属図書館情報管理課基盤グループ 課員)
9:40~10:20(40分) 講義5「学術雑誌・電子ジャーナルの特徴と契約業務等」
青柳 和仁(島根大学附属図書館企画・整備グループスタッフ)
10:30~11:10(40分) 講義6「機関リポジトリ」
川村拓郎(広島大学図書館図書学術情報普及グループ員)
11:10~11:40(30分) グループワーク
11:40~12:50(70分) <昼食>
12:50~13:50(60分) グループワーク
13:50~14:40(50分) グループワーク発表
14:55~15:10 閉講式
※ 閉講式終了後に希望者を対象として中央図書館の見学会を行います

6. 主 催
中国四国地区大学図書館協議会 国立大学図書館協会中国四国地区協会 国立大学図書館協会九州地区協会

7. 経 費
旅費は各大学図書館等の負担とする。情報交換会費(3,500円)は別途徴収する。

8. 定 員 40名(申し込み人数が定員を超えた場合は選考による)

9. 申込み締切り

平成29年8月10日(木)

10. 申込み
http://www.lib.hiroshima-u.ac.jp/?page_id=11350

11. 問い合わせ
広島大学図書館 図書学術情報企画グループ
TEL: 082-424-6202
E-mail: tosho-kikaku-chosei@office.hiroshima-u.ac.jp
メインメニュー

ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

活動状況

問い合わせ
事務局:
広島大学図書館企画調整主担当
tosho-kikaku-chosei@office.hiroshima-u.ac.jp

Deprecated [PHP]: Non-static method MyTextSanitizer::getInstance() should not be called statically, assuming $this from incompatible context in file (trust)/modules/d3blog/include/filter/EntryFilter.class.php line 48 (1)
Deprecated [PHP]: Function ereg() is deprecated in file (trust)/templates_c/simone2.lib.okayama-u.ac.jp-default-Cube^%%DC^DC2^DC256D06%%theme.html.php line 7 (1)